パンくず式ナヴィゲイション

トップページ » タヌキぼーやの能・狂言を見に行こう » 二世茂山千之丞さん死去


タヌキぼーやの能・狂言を見に行こう


二世茂山千之丞さん死去

  • ご報告(お豆腐狂言 茂山千五郎家 SOJA BLOG)

狂言方大蔵流。87歳。茂山千作(四世)さんの弟です。

20年前、TVで見た茂山千五郎(十二世/茂山千作[四世])、茂山千之丞(二世)、茂山忠三郎(四世)の「棒縛(ぼうしばり)」が、それまで教科書や古典文学の本でしか知らなかった狂言の実際に触れた一番古い記憶です。個性のまるで違う三者三様の魅力にあふれた舞台で、この放送以来、ずっと狂言に親しんできました。著書『狂言役者--ひねくれ半代記』(岩波新書)は愛読書のひとつです。

美声とそこからにじみ出る軽妙な味わいが、私にとっては千之丞さんの大きな魅力でした。大学時代以降、近くに来演したときには必ず千之丞さんの舞台には見に行きました。本当に酒の匂いがただよってきそうな「素袍落(すおうおとし)」の太郎冠者、ジャケット姿で解説に立った千之丞さんの指導で、客席一同「猿唄(さるうた)」を練習し、終演時の附祝言で謡ったこと、そして最後に見た一昨年の米子での「豆腐小僧(とうふこぞう)」......。どれも思い出深い舞台です。

謹んで哀悼の意を表します。



↑このページの先頭へもどる