パンくず式ナヴィゲイション

トップページ » 催しの記録 » 鳥取藩池田家 復曲能(第6回鳥取県総合芸術文化祭「ロマン街道・とっとり:夢たぎる男たちの生きざま」第2部)


催しの記録


鳥取藩池田家 復曲能(第6回鳥取県総合芸術文化祭「ロマン街道・とっとり:夢たぎる男たちの生きざま」第2部)

※最新の公演チラシ基づき,出演者の詳細,仕舞の演目,小中学生とその保護者の招待に関する情報を追加.主催者等のクレジットを変更しました(10月04日).

日時
2008(平成20)年11月30日(日) 15:0014:30開演(14:00開場/17:15終演予定)
会場
とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館) 梨花ホール(鳥取県鳥取市尚徳町101-5)
演目
仕舞「老松(ののみや)」馬野義教(シテ方観世流)
仕舞「松風(まつかぜ)」武田欣司(シテ方観世流)
仕舞「融(とおる)」橋本雅夫(シテ方観世流)
復曲狂言「茄子(なすび)」野村小三郎(四世)(狂言方和泉流)
仕舞「野宮(ののみや)」片山慶次郎(シテ方観世流)
復曲能「千引(ちびき)」味方健,浦田保親,片山伸吾(シテ方観世流)
料金(全席指定)
特等席:4,500円(当日5,000円)
一等席:4,000円(当日4,500円)
二等席:3,000円(当日3,500円)
三等席:1,500円(当日2,000円)
学生(大学生以下),高齢者(75歳以上):1,500円(特等席を除く) ※購入・入場時に免許証,保険証,学生証等の提示が必要.
※団体10名以上で購入の場合は割引あり(前売券のみ).
※11月29日(土)音劇「夢のあと:因幡合戦記」(「ロマン街道・とっとり:夢たぎる男たちの生きざま」第1部)のチケットを同時購入する場合、1セットにつき500円引き(前売券のみ.団体10名以上割引が適用される場合を除く).
チケット発売日
2008(平成20)年08月09日(土)
招待(詳細は別記の通り)
対象者:小中学生とその保護者50組100名(先着順)
問い合わせ先
とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)
電話:0857-21-8700
詳細情報
http://www.torikenmin.jp/arte/200810/geibun.html
関連リンク
http://www.artsfriend.com/sogeisai/

演目

能の愛好者であった鳥取藩三代藩主・池田吉泰(1683-1739)の時代に上演された能「千引」および狂言「茄子」の復活上演.

仕舞「老松(おいまつ)」(観世流)
シテ
馬野義教
地謡
味方健
橋本光史
深野貴彦
田中宏
大江広祐
仕舞「松風(まつかぜ)」(観世流)
シテ
武田欣司
地謡
味方健
橋本光史
深野貴彦
田中宏
大江広祐
仕舞「融(とおる)」(観世流)
シテ
橋本雅夫
地謡
味方健
橋本光史
深野貴彦
田中宏
大江広祐
復曲狂言「茄子(なすび)」(和泉流)

鳥取藩上演回数:9回

資料提供
永井猛
新発意
野村小三郎(四世)
住持
松田高義
新発意
奥津健太郎
後見
伴野俊彦
仕舞「野宮(ののみや)」(観世流)
シテ
片山慶次郎
地謡
橋本雅夫
橋本礒道
浦部幸裕
武田大志
田中宏
復曲能「千引(ちびき)」(観世流)

鳥取藩上演回数:6回

監修
片山慶次郎
西野春雄
構成・演出
味方健
石魂
味方健
通うて来る若い男
浦田保親
里の若い女
片山伸吾
甲斐守の某
村山弘
甲斐守の太刀持
野口隆行
石引きの頭取
野村小三郎(四世)
石引きの衆
松田高義
藤波徹
奥津健太郎
地謡
片山慶次郎
橋本雅夫
武田邦弘
橋本礒道
橋本光史
深野貴彦
浦部幸裕
宮本茂樹
後見
武田欣司
大江信行
作り物後見
武田大志
大江広祐

チケット取扱

鳥取市
とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)
鳥取大丸
トスク 本店
倉吉市
倉吉未来中心
米子市
米子コンベンションセンター ビッグシップ

招待

対象者
小中学生とその保護者50組100名(先着順)
対象となる公演
音劇「夢のあと:因幡合戦記」と「鳥取藩池田家 復曲能」の各公演
条件
観賞後に感想文を提出すること.
受付期間
2008(平成20)年09月03日(水)--10月31日(金)
問い合わせ先
とりぎん文化会館(鳥取県民文化会館)
電話:0857-21-8700

会場地図


大きな地図で見る

その他のデータ

主催
鳥取県総合芸術文化祭実行委員会
鳥取県
鳥取県教育委員会
鳥取県文化団体連合会
財団法人鳥取県文化振興財団
財団法人自治総合センター
エグゼクティブ・プロデューサー
柴田英杞
制作・プロデュース
財団法人鳥取県文化振興財団
協力
鳥取県謡曲連合会
財団法人史跡鳥取藩主池田家墓所保存会
鳥取市

出典

  • 公演チラシ
  • 『Arte』2008年10月号


↑このページの先頭へもどる