パンくず式ナヴィゲイション

トップページ » 催しの記録 » 2007年 大社・能を知る集い:語り・舞・囃子を楽しもう


催しの記録


2007年 大社・能を知る集い:語り・舞・囃子を楽しもう

内容,詳細情報のリンク先,主催者の情報を追加しました(2007/09/23).

日時
2007(平成19)年09月30日(日)13:00-17:00
会場
手錢記念館(島根県出雲市大社町杵築西2450-1)
講師
安田登(ワキ方下掛宝生流)
槻宅聡(笛方森田流/島根県安来市出身)
内容
能と普通のお芝居の違いは?
体の使い方と声の出し方は?
囃子を経験しよう
人間五十年を舞ってみよう
定員
30名
参加料
1,000円(入館料を含む.申込が必要)
問い合わせ先
手錢記念館
電話:0853-53-2000
詳細情報
http://www.civichall.pref.shimane.jp/zaidan/event/?20070930

会場地図

scale:70000 35/23/39.248,132/40/52.362

ひとくちガイド

2004年から毎年松江市で開催されている「松江・能を知る集い」の講師陣によるワークショップが,出雲市大社町にやって来ます.

「松江・能を知る集い」の経験から言いますと,能楽方面の体験型の催しでよくあるような,面装束の着付け体験や,囃子の楽器を参加者が順番に触るといった内容は,まずほとんど出てきません.能楽師が身につけている呼吸法や筋肉の動き,発声法,リズムの取り方などを通じて,能楽師の身体感覚を体験するという,この講師陣ならではのワークショップになることでしょう.

また,安田さん,槻宅さんに現代演劇の俳優を加えた3人による,能の技法を取り入れた朗読の催しが,東京の能楽堂で上演されたり,「松江・能を知る集い」などのワークショップで披露されたりしています.その成果もきっと反映されたものになると思います.

能に限らず演劇,音楽,ダンスが好きな地元の方にも,きっとお楽しみいただけるはずです.

(石川陽春)

その他のデータ

主催
財団法人島根県文化振興財団
財団法人手錢記念館

しまねアーティストバンク事業

出典

Catch』2007年9月号,財団法人島根県文化振興財団.



↑このページの先頭へもどる