パンくず式ナヴィゲイション

トップページ » 催しの記録 » 万作・狂言十八選 第三回:出雲狂言会


催しの記録


万作・狂言十八選 第三回:出雲狂言会

催しの紹介文を掲載しました(2007(平成19)年09月11日).

日時
2007(平成19)年09月15日(土)17:30開演(17:00開場) ※小雨決行
会場
出雲大社 御本殿前(島根県出雲市大社町杵築東195)
演目(詳細は別記の通り)
「三番叟(さんばそう)」野村万作(狂言方和泉流)
狂言「棒縛(ぼうしばり)」野村萬斎(狂言方和泉流)
狂言「福の神(ふくのかみ)」野村万作(狂言方和泉流)
料金(全席指定)
S席:6,800円
A席:5,800円
チケットは完売したそうです(出雲市文化観光部芸術文化振興課への照会による).
問い合わせ先
出雲市文化観光部芸術文化振興課
電話:0853-21-6514
SAP
電話:03-5226-8537
詳細情報
http://www.city.izumo.shimane.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1177034759291&SiteID=0

解説

解説
石田幸雄

「三番叟(さんばそう)」

三番叟
野村万作(二世)
千歳
高野和憲
藤田次郎
小鼓頭取
幸正悟
脇鼓
幸正佳
古田寛二郎
大鼓
白坂信行
後見
深田博治
月崎晴夫

狂言「棒縛(ぼうしばり)」

太郎冠者
野村萬斎(二世)
野村万之介
次郎冠者
石田幸雄
後見
岡聡史

狂言「福の神(ふくのかみ)」

福の神
野村万作(二世)
参詣人
深田博治
竹山悠樹
小鼓
幸正佳
大鼓
白坂信行
地謡
野村萬斎(二世)
石田幸雄
月崎晴夫
岡聡史
後見
高野和憲

会場地図

scale:70000 35/23/53.135,132/41/17.037

ひとくちガイド

チケットは早々に完売しまして,当サイト管理者でさえ買い逃してしまいましたが,チケットをお持ちの方のために,今さらながら紹介しておきます.

この出雲大社での「三番叟(さんばそう)」上演について,当日「三番叟」を勤める野村万作さんは,雑誌『Grazia』8月号インタビューで,「『三番叟』は神に捧げる舞踊ですから,出雲大社はまさにぴったりの場所です.戸外の冷気を感じながら舞うのは今から楽しみですし,またお客様にとっても,神々しさを感じる場所で神聖な舞をご覧いただくのは,感慨深い時間なのではないでしょうか」と語っています.まさにこの言葉ひとつを胸に,お出かけになるとよいと思います.

この日最後の曲目「福の神(ふくのかみ)」は,大晦日に神社へ参詣する信仰の厚い2人に,祭神の福の神が現れるというもの.これもまた,出雲大社にふわさしい狂言です.

(石川陽春)

その他のデータ

主催
朝日新聞社
SAP
出雲市
出雲市教育委員会
出雲市総合文化祭実行委員会
山陰中央新報社
山陰中央テレビ
後援
財団法人朝日新聞文化財団
協力
万作の会
特別協力
出雲大社
統括・構成
恩田健志(朝日新聞社)
有川雄二郎(SAP)
進行
西村祐子(SAP)
ゼネラルプロデューサー
後藤尚雄(朝日新聞社)
制作
朝日新聞社
SAP
制作協力
万作の会

出典

公演チラシおよびプログラム



↑このページの先頭へもどる