パンくず式ナヴィゲイション

トップページ » 催しの記録 » 森英恵の世界「胡蝶」:能とバレエの宴


催しの記録


森英恵の世界「胡蝶」:能とバレエの宴

催しの紹介文を掲載しました(2007年5月7日).

日時
2007(平成19)年05月08日(火)18:30開演(18:00開場)
会場
島根県立いわみ芸術劇場 大ホール(島根県芸術文化センター「グラントワ」内/島根県益田市有明町5-15)
演目(詳細は別記の通り)
能「胡蝶(こちょう)」観世清和(シテ方観世流)
トーク 森英恵,牧阿佐美
バレエ「胡蝶(こちょう)」逸見智彦,吉岡まな美(牧阿佐美バレヱ団)
料金(全席指定)
S席:10,000円
A席:8,000円
B席:6,000円
問い合わせ先
島根県芸術文化センター「グラントワ」
電話:0856-31-1860
詳細情報
http://www.grandtoit.jp/schedule/koen_event/detail/2007/070508_01/

能「胡蝶(こちょう)」

衣裳
森英恵
シテ(里の女/胡蝶の精)
観世清和
立花
益田市華道連盟

トーク

出演
森英恵
牧阿佐美

バレエ「胡蝶(こちょう)」

衣裳
森英恵
出演
逸見智彦(牧阿佐美バレヱ団)
吉岡まな美(牧阿佐美バレヱ団)
振付
牧阿佐美
音楽
藤田六郎兵衛(十一世)(笛方藤田流)

会場地図

scale:70000 34/40/10.016,131/51/0.641

蝶の女王

文:石川陽春

会場と同じく「グラントワ」内にある島根県立石見美術館で開催中の展覧会「森英恵 手で創る:東京―パリ―島根」(6月11日まで)の関連企画です.

森英恵さんの装束で観世清和さんが「胡蝶」を舞うという会は,2002年の初演以来繰り返し上演されていまして,2003年10月20日には,出雲大社神楽殿(島根県大社町.現在の島根県出雲市大社町)で公演がありました.森英恵さんと土屋恵一郎さん(法政大学教授,能「胡蝶」芸術監督)の対談に,能「胡蝶」というプログラムでした.観世清和さん以外の出演者は,関西を拠点に活動する能楽師で固められていたと思います(後日,当時の公演記録をサイトに載せます).

その折に,今回の公演の広告で使用されている装束を見ました.一番上に着ている白を基調とした長絹(ちょうけん)の量感が,通常の長絹が薄く透けた絽(ろ)という素材を用いて軽やかなのとは対照的に,袖が一段と大きいことも手伝って実にたっぷりとしていて,ふわりと翻る様には「蝶の女王」のような華やかさがありました.

森英恵のシンボルである蝶の刺繍も随所にあしらわれ,土屋恵一郎さんの発言によると,背の刺繍を観客に見てもらうために,通常の舞よりも多く観客に背を見せて舞ったとか.

長絹の胸元の紐や,長絹の下に着た縫箔(ぬいはく)の萌葱色が,ほどよいアクセントになっていたように思います.

今回は,やはり森英恵さんの衣裳で,同じく「胡蝶」と題するバレエも加わるとか.こちらは詳しいことを知らないのですが,音楽は能管だそうです.

森英恵の衣裳を,「胡蝶」というテーマと能の音楽とともに,舞台藝術で楽しむ,そういう会ではないでしょうか.

その他のデータ

主催
胡蝶実行委員会
財団法人島根県文化振興財団(いわみ芸術劇場)
島根県
芸術文化センター「グラントワ」利用促進協議会
共催
朝日新聞社
日本海テレビジョン放送株式会社
後援
益田市文化協会


↑このページの先頭へもどる